トップページ >  皮膚科で処方されるニキビ薬 >  ダラシンTゲル

ダラシンTゲル

ダラシンTゲルは、抗生物質が配合されているニキビ治療薬です。


ダラシンTゲルのダラシンというのは、抗生物質にあたるので保険が適用されます。皮膚科などの医療機関で処方してもらえば格安で手に入れることのできますが、ドラッグストアなどで市販薬としては手に入れることはできません。


薬のタイプとしては、ゲル状タイプのものやローションタイプがあり、外用薬として用いる他にも飲み薬としてもニキビ治療の多く用いられています。


ディフェリンゲルとセットで処方されることが多く、細菌がタンパク質を合成するのを防ぐ抗菌作用と殺菌作用があるため、炎症を起こした赤ニキビの治療と予防目的に処方されるようです。


基本的なダラシンTゲルの使い方としては、洗顔後のきれいになった肌のニキビが気になる部位にダラシンTゲルを塗るようにします。顔全体に伸ばすようなことはせずに、ニキビの部分にのみ使用してください。


洗顔後のスキンケアの後に使用しているという人もいるようですが、正しい順序としては洗顔後すぐ、スキンケアをする前にニキビにつけることです。


ダラシンTゲルを使用した後のスキンケアは、薬を塗布したニキビの部分は避けて化粧水や乳液などを使用するようにします。(※ 例外として乾燥がひどい場合はスキンケア後にダラシンTゲルでもいいとのこと。)


ダラシンTゲルの気になる随伴症状としては、その時の体調や体質にもよるようですが、ディフェリンゲルと同様に、赤みやヒリヒリ感、痒みや刺激感といった症状が現れることもあるようです。


また、外用薬としての抗生物質は、長期間継続して使用し続けることによって、ニキビに対する治療効果が失われていくということもあるようなので、使用方法や使用期間などは皮膚科の先生の指示に従って使用するようにしましょう。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


まとめ:炎症ニキビに効く抗生物質入りの外用薬です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

抗生物質配合の塗り薬です。炎症をおさえるのでニキビの悪化を防いでくれます。

Copyright © 2013 ニキビ薬(塗り薬と飲み薬)/漢方について All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。