トップページ > 漢方は保険適用されますか? > ニキビ治療のための漢方って保険は効きますか?

ニキビ治療のための漢方って保険は効きますか?

ニキビ治療には保険が適用される治療と保険適用外になる治療があります。


● 外用レチノイド
● 抗生物質・抗菌薬の飲み薬、塗り薬
● イオウカンフルローション
● 漢方
● 面皰圧出


といったニキビ治療は保険が効きます。※漢方は保険が適用される治療です。


外用レチノイドに保険が適用されるようになったことは日本のニキビ治療にとってかなり大きな進歩で、これにより安価で効果が確実なニキビ薬を処方できるようになりました。


保険診療であれば2,000円もかかりませんから、ニキビケア化粧品を買うより、皮膚科で薬を処方してもらったほうが絶対に安いはずです。いまだにニキビケア化粧品を買ったり、お金をかけている人がいますが、無知であるがゆえ、お金を無駄使いしていると思います。


そもそもニキビは肌の病気ですから化粧品ではなく、医薬品で治すべきですし、化粧品でニキビを根本から治すのは絶対に無理な話で、体質改善をしようと思ったら皮膚科で保険の効く漢方を処方してもらってそれを飲んだほうが効果もあるはずです。


大人ニキビの場合、ホルモンバランスの乱れであるとか体質が原因になっているケースが多いのでニキビ治療も漢方を用いた体質改善を行なってニキビを根本から治療したいという患者さんが増えているのが現状です。


生理前になるとニキビができてしまう方やちょっとした生活リズムの乱れやストレスや疲労でニキビを繰り返してしまう肌の免疫力が弱い体質にとっては漢方での治療は特に効果的です。


一見すると、漢方は、保険適用外なのでは?と不安に思う人もいるかもしれませんが、医療機関で漢方を処方してもらう場合は健康保険が適用になります。逆に漢方薬局などでは保険適応外なので注意が必要です。


また、漢方だからといって特別治療費が高くなることはありません。


医療機関で受ける場合にかかる初診料や処方箋の料金も一般的な治療にかかる費用とそれほど違いはないので、慢性的にニキビができてしまうという方は皮膚科で漢方療法を受けてみることを考えてほしいと思います。


なお、漢方はドラッグストアなどでも手に入るのでニキビに効く漢方薬の種類さえわかればあとは自分で買って使ってみるという人もいると思います。確かにそれでも効果はあります。


しかし、漢方治療の場合には、その人のニキビの状態や体質をみながら適した漢方を処方していくため、同じニキビの症状でも、使用する漢方の組み合わせは異なるものです。


その人にあわせた漢方を処方しなければ、効果は期待できないというものだけに、漢方は自己判断で選んで使用するのではなく、あくまで専門医の処方のもとに利用することが大切です。


漢方の取り扱いを行なっている医療機関や薬局を探す場合には、インターネットを利用して探すのが手っ取り早いです。参考になりそうなサイトを紹介しておくと、


● 漢方のお医者さん探し→ http://www.gokinjo.co.jp/kampo/
● 漢方薬局.com→  http://jee.jp/


ド田舎に住んでいる場合は別ですが、思っている以上に漢方を取り扱っている医療機関や薬局は多いです。紹介したサイトをうまく活用してもらって近所に漢方に詳しい医療機関がないか探してみてくださいね。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


まとめ:医療機関で処方された漢方は保険が適用されます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

ニキビ治療には保険が適用される治療と保険適用外になる治療があります。 ● 外用レチノイド ● 抗生物...

Copyright © 2013 ニキビ薬(塗り薬と飲み薬)/漢方について All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。