トップページ >  皮膚科で処方されるニキビ薬 >  抗生物質の内服薬(飲み薬)

抗生物質の内服薬(飲み薬)について

ニキビ治療を皮膚科で受ける場合、外用薬とともにニキビの症状・状態に合わせて抗生物質を内服薬として処方されることがあります。


抗生物質を内服することで、ニキビを悪化させるニキビ菌(アクネ桿菌)やブドウ球菌などの細菌に対して強烈な殺菌作用を発揮するため、外用薬の効果も手伝ってかなり効き目が強いです。


そのため、効き目が強い分、下痢や発疹などの副作用のリスクが高くなることも覚えておく必要があります。


ニキビの治療として用いられる抗生物質には、


● テトラサイクリン系:ドキシサイクリン、ミノサイクリンなど
● セフェム系:セフゾン、フロモックス、セファクロルなど
● マクロライド系:クラリスロマイシン、ルリッドなど


などいくつか種類があります。


テトラサイクリン系の抗生物質は、ニキビの部位にある脂肪を分解させる働きを止める効果があるためニキビの炎症を抑制する効果が期待できます。めまいのようなふわふわした感覚に陥るという副作用があります。


マクロライド系の抗生物質とセフェム系の抗生物質はどちらも殺菌作用の強い抗生物質です。


特に抗菌力が強く作用範囲が広いのはセフェム系と言われており、抗生物質としての種類も豊富にあるのが特徴ですが、やはり副作用として下痢や発疹が起こる場合が多いと言われています。


もうひとつのマクロライド系の抗生物質は、セフェム系の抗生物質と同じような効果を得ることができますが、比較的副作用が軽いと言われています。


どのタイプの抗生物質を内服するにしろ、その目的はニキビの炎症を抑えることです。副作用もありますから抗生物質の内服薬を処方されるときは、相当、炎症や化膿がひどい場合のみです。


炎症が真皮に達して、凸凹のニキビ痕ができるのは覚悟しておいたほうがいいと思います。


抗生物質の使用は断ることもできますので、ニキビ治療で得られる効果と副作用についての説明を受け、自分に必要だと判断した場合のみ処方してもらうのがいいのではないでしょうか。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


まとめ:副作用を超えるメリットが期待できる場合は抗生物質を利用したほうがいいです。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

皮膚科でもらえるテトラサイクリン系、セフェム系、マクロライド系といった抗生物質について解説します。

Copyright © 2013 ニキビ薬(塗り薬と飲み薬)/漢方について All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。